このblogではCSprojectの公演情報をお知らせしています。

Web Site         http://j.mp/cs-project
Twitterアカウント @CS_project
Facebookページ  https://www.facebook.com/csproject.cs

2014年03月20日

「イシノマキにいた時間」群馬公演終了しました

復興支演舞台「イシノマキにいた時間」群馬公演が終了しました。

1effbig.jpg

ご来場いただきました、たくさんの皆様、本当にありがとうございました。
公演の二週間前に起きた、群馬県内での豪雪被害の余韻がまだまだ残る中、
沢山の方にご来場いただきました。
最終日には多くの方が当日券に並んでいただき、
これは、いままでの「イシノマキにいた時間」公演で一番の人数だったとのことで、
出演者のみなさんも驚き、そして喜んでくださっていました。

「ぐんまに呼んでくれてありがとう」
そう、ご来場いただいたお客様に、しかもおひとりではなく、何人にも
言っていただけたことが、一番心に残っています。

CSprojectは共催という形で参加させていただいていますが、
実行委員長をCS代表 やよ、そして、実行委員を、CSのメンバーがメインに参加しました。

そして、
ミュージカル劇団ポーキーホーキー・劇団ごかん農場・劇団だんでらいおん
劇団ザ・マルクシアター・劇団ろしなんて
群馬大学演劇部テアトルヒューメ
と様々な劇団から実行委員が集まってくれました。

b3500big.jpg

プロの仕事を仕込から、リハ、本番とすべて身近でみることのできる
貴重な体験でもあったと思います。

3316.jpg


CSとしては、初めて東京から公演を呼ぶということをしたわけですが、
至らない部分もたくさんあり。反省点は多数あるので、
これはまた、次の機会に生かさねばと思っています。

isinomaki.JPG

公演日を迎え、そして終了後、実行委員には新な絆も生まれたようで、
普段役者として舞台に立つことが多いメンバーですが、皆裏方に徹しても、
同じ作品に関わった仲間として、別の劇団に所属していても、なにかしら協力のできる関係が築けたようです。

https://www.facebook.com/gunma.ishinomakitime

群馬公演の情報は、上記のページで発信していました。
公演の様子、その後の「イシノマキにいた時間」などの情報も掲載しています。
よろしければご覧ください。
引き続き、群馬から、応援しようと思っています。

そしていつか、彼らの公演
「イシノマキにいた時間」そして、「キッカケの場所」
をまたいつか、群馬に呼べたらいいなと思っています。

+++追記

出演者の田口智也さんによる
公式ブログ【イシノマキにいた時間】群馬公演レポートが掲載されました。
その1 http://ishinomakitime.blog.fc2.com/blog-entry-418.html
その2 http://ishinomakitime.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

実行委員長のコメント全文も掲載していただき(汗)
照れております。すみません。


posted by 「CS project」 at 16:42 | 群馬 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | CSproject | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392057961

この記事へのトラックバック