このblogではCSprojectの公演情報をお知らせしています。

Web Site         http://j.mp/cs-project
Twitterアカウント @CS_project
Facebookページ  https://www.facebook.com/csproject.cs

2009年12月01日

CSproject

場所は屋外。商店街の一角でとつぜん始まる朗読劇。
車のエンジンの音、人の足音、街を行き交う音がBGM。


ひらめき 更新情報のメール配信の登録ページで、リンクがはずれていたので、修正いたしました。最新記事が投稿されると、メールが届きます。


ひらめき スタッフ、出演者を募集しております。



りすがりの人にもふと足を止めて観てもらえたら。
みんな忙しくて、誰も足を止めてくれないかもしれないけど。
お芝居を観たことがない人も気軽に観てもらえたら。




Sproject=「ちょっとした壮大なプロジェクト」 は、
朗読や演劇公演など、野外および舞台にて上演、出演する
プロジェクトにかかわる人たちの集合体です。
メンバーは県内で活動するフリーの役者や、劇団所属者など。

 
2007年から毎年、春〜秋にかけて、毎月上演!を掲げて活動。
2010年6月以降は、ペースをゆっくりにし
基礎の稽古と、夜間の上演など行っています。
また、他劇団公演への客演、
ワークショップ(発声、身体を動かす演劇的体験型公開講座)
イベント参加など行っています。



験的な要素もたっぷりですが・・・。
やることは、なんてことないちょっとしたこと。
だけどそれが大きく広がっていったらうれしい。
だからこの計画を、「ちょっとした壮大なプロジェクト」と名付けました。



Sprojectの主な公演

野外朗読劇『diary』

ブログとか、ネットで自分の日記を公開したりするのも流行ってるけど。
これは、どこかの街に暮らす普通の「男」と「女」がただ日々を普通に暮らし、自分の為にアナログな紙とペンで日記を綴っている。誰かに読ませるためにではなく。自分の日々をただ書き記している。そんな物語。

−同じ脚本を用いて、さまざまな男女の出演者が組み合わせを変えて、2007年より繰り返し上演しています。

野外朗読劇『diary』についてくわしくはこちらのエントリーをご覧ください



のほかいままでの上演作品、参加公演、参加イベント

野外朗読劇「diary - repeat」 公演報告
「太宰治 女生徒」朗読 公演報告
野外朗読「ういろううり」


2007年6月
100万人のキャンドルナイトin前橋2007

2008年2月
「声と身体のワークショップ」 前橋中心商店街 旧麻屋デパート 2F
アート合同イベント「MAGMA2008」

2008年6月
100万人のキャンドルナイトinまえばし2008 


・-・-・-・


2007年 前橋市内のおはなしの会より講師依頼
 発声練習、滑舌の指導

2009年 角川映画「沈まぬ太陽」
2010年公開
やよ  遺族役他、エキストラ 群馬ロケ、横浜ロケ
(鈴木綾子名義・クレジットタイトル)
CSproject 群馬ロケエキストラ協力

2009年2月3月 
劇団シブパ 第12回公演 結成10周年記念公演(1)
「ヒトミ」
客演 やよ(CSproject)
公演の様子-劇団シブパWEBサイト

2010年
3月6日(土)〜年3月7日(日)
伊勢崎市演劇フェスティバル参加作品
劇団 micro☆Max「ら抜きの殺意」
伊勢崎市境総合文化センター 小ホール
客演:やよ・前山圭右(演出・出演)

2010年11月6日(土)〜7日(日)
劇団ザ・マルク・シアター
第26回自主公演
「アバネ うそっこ」
群馬県生涯学習センター 多目的ホール
客演:やよ

2011年3月20日
伊勢崎境 演劇講座本公演
「真夜中よ!こんにちは」
出演:松嶋美奈子

2011年公開 佐藤英明初監督作品
東映「これでいいのだ!映画★赤塚不二夫」
群馬ロケ エキストラ参加

FM TARO ラジオドラマ株式会社利根鶴本舗
毎週 金曜日/日曜日
出演:前山圭右・やよ

劇団ザ・マルク・シアター
劇団結成30周年記念公演
『約束の場所』〜ひとりぼっちの君たちへ〜
平成25年8月17日土曜日 13時30分開演
前橋市民文化会館 大ホール
客演:やよ・前山圭右・橋本沙紀

このほか、CSprojectメンバーで他劇団所属者は
各劇団公演をそれぞれ行っております。



*-*-*-*-*

「CSproject」(ちょっとした壮大なプロジェクト)
代表・produce : やよ

問い合わせ(携帯可)

posted by 「CS project」 at 00:00 | 群馬 ☁ | Comment(14) | TrackBack(0) | CSprojectからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
とても楽しかったです。

野外のよさが全て出ていたような気がしました。
最初は周りががやがやしててうるせーなと思ってましたが、それもなんだかBGMのようになってきましたね。

ゴマの相方の方とっても演技が上手でびっくりしました。最後のほうは主任の女性になりきってましたね。ちゃんと世界を作れていて、何の違和感もなく入り込めました。

また機会があったら行きたいと思います。
よろしくお願いします。


無限舞台の演出家としてブログを書いてます。
時々かたっ苦しいことも書いてますが、超暇だったら読んでください(笑)
http://ameblo.jp/director-yokke
Posted by よっけ at 2007年05月22日 11:25
よっけさんコメントありがとうございます。

「野外のよさ」を感じていただけてうれしいです。野外にこだわった甲斐がありました。

また観にいらしてください。上演を重ねるごとにパワーアップしていきたいと思っています。

ブログも拝見させていただいていますよ。
無限舞台の公演も楽しみにしております。
Posted by 「ちょっとした壮大なプロジェクト」 at 2007年05月26日 11:25
コメントやTB頂きとても感謝しております!私のBlogにもリンク致しました!
舞台が見れず とっても残念です! 次回の上演を心より楽しみに待っております! また須賀りすさんの絵は最高ですね! 輝きが美しいぃ〜 お願いしてすってんぺの2階に絵を飾りたいなぁ〜っと思っております!! また、もし良かったらすってんぺの2階での公演の検討もお願い致します!! 頑張ります! 今後もよろしくお願い致します。
Posted by すってんぺ店主 at 2007年06月26日 00:25
すってんぺ店主さま
コメントありがとうございます。
そして、ブログでのご紹介ありがとうございます!
感激です。
来月も公演予定です。ぜひよろしくお願いいたします。
すってんぺさんのお二階でですか!わー(@^∇^@)
馬場川通りにはよく出没しているので、近いうちにおじゃまできたらいいなーと思っています。
ではでは。今後ともよろしくお願いします!
Posted by 「ちょっとした壮大なプロジェクト」 at 2007年06月26日 19:29
通りすがりを装って観させて頂きました。
面白そうなことを挑戦している方々なので、
逆にすごくもったいなさを感じました。

滅多に行かないところでしたし、雨も降っていたため、通常の様子がわからない場所でしたが‥

この朗読劇を観た限り、

野外でやった意味。
この場所でやった意味。
気軽に観てもらいたいという意識。
通りすがりの人が思わず足をとめてしまいそうな、惹きつけられるような話か?
途中から観ても面白いか?
どんな年代が一番通るのか?どんな年代が対象か?

などが、あまり感じられませんでした。

周りの音に客が思わず耳をすませてしまうようなシーンや
せっかく街中の場所を使わせて頂いているのだから、
この街を登場人物が通り抜けていくようなシーンが
あってもいいのではないかと思いました。

役者の方は、声が通るし、演技も上手で素敵でした。


なかなか観にいける機会がつくれませんが、
今後のご活躍を楽しみにしています。


Posted by もぐら at 2007年06月26日 23:33
もぐらさま

コメントありがとうございます。
もぐらさまに感じていただけなかった部分が
この企画のすべてでありまして、
すべて私の力不足であります。

野外である意味は、演劇を見たことがないかたは
チケットを購入してホールに入るということ自体が敷居が高いのではと思ったからです。
ただ、青空の下(雨の日もありますが)芝居がしたいというわたしの勝手もあります。

また、この場所なのは、
これも勝手ですが、わたしが商店街が好きだからです。通りすがりの方はお買い物をしにきてるのであって、芝居を見に来ているのではないので、足をとめてもらうのはとても難しいことだと理解はしていますが、商店街へ行ったとき、サプライズなイベントがあるとうれしかったりする、自分の経験から商店街で公演を行っています。

精進していきたいと思います。
ありがとうございました。
Posted by 「ちょっとした壮大なプロジェクト」 at 2007年06月27日 01:05
先日は、お疲れさまでした。
ゆっくり拝見できなかったんですが、私の中では新鮮だったかな。また機会があったら、ゆっくり拝見させて下さい。
追伸 お花ありがとうございました。
Posted by 居酒屋きら at 2007年07月03日 19:40
居酒屋きらさま
コメントありがとうございます。
いただいた梅の砂糖漬け、ほんとにうれしかったです。お店の近くでさわがしく練習してしまってすみませんでした。
ぜひ、お時間が合いましたら、またいらしてください。おまちしています!
Posted by 「ちょっとした壮大なプロジェクト」 at 2007年07月04日 11:02
野外朗読劇、面白そうなので1度観に行きたいと思ってますが28日も参加行事があり行けません。
Posted by boro at 2007年10月23日 08:51
boroさま
ありがとうございます。
冬の間はお休みいたしますが、また春になったら
上演したいと思っております。
そのときにはぜひご来場ください。
また、冬の間も、なにか出来ればと企画したいと思っております。そのときもご都合が合いましたら、ご来場いただけましたらうれしいです。
Posted by 「ちょっとした壮大なプロジェクト」 at 2007年10月23日 23:48
10月28日公演拝見しました= 朗読劇講師探しています=当方小さなお話しボランティア団体=謝礼少々=是非お願いしますf連絡下さい =田子
Posted by わたげの会 田子 at 2007年11月05日 18:35
田子さま

ご来場ありがとうございました。

私たちも、朗読劇というものはまだまだ手探りなのですが、お役に立てられることがあればうれしいです。

お電話番号はこちらで控えさせて頂きました。
後日、ご連絡させていただきますね。
Posted by 「ちょっとした壮大なプロジェクト」 at 2007年11月06日 09:55
はじめまして。
朗読劇に興味がある、主婦でございます。

こちらのサイトを拝見して、
いろいろな方のコメントを読ませてもらい、
ただ、それだけなのですが、とても心惹かれてしまいました。

もうstaff,castは募集してないのでしょうか?

と思いつつ、自分に出来るものなのかどうか〜年齢も。。

4月に活動再開されるんですね!!

楽しみです(*^_^*)
Posted by 小夜 at 2009年02月16日 21:40
小夜さま

コメント&メールありがとうございます。
お返事、メールのほうにさせていただきますね。
4月に再開予定です。
3月には情報を掲載できるかと思います。
ぜひ見にいらしてください^^
Posted by 「ちょっとした壮大なプロジェクト」 at 2009年02月23日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック